ホーム > Uncategorized > ケリオキ

ケリオキ

「ケリオキ」の意味分かりますか?アメリカ人が発音すると、「カラオケ」がそうなってしまいます。どうしてそうなったのか今でも不思議だと思っています。綴りは「karaoke」なのに、何で「carry-okie」になってしまうんでしょう。

「karaoke」ってはじめて聞いたのは高校時代でした。あのころまったく日本語分からなかったです。「karaoke」は日本から来たことも知らなかった。もちろん発音も分からなかったです。

「『ケラオーク』って何?」と友達に聞いたら、「ちがう、carry-okieだよ。バーなどで皆の前で歌うことだ」。

そうですよ。アメリカだとバーの皆の前で(知らない人まで)歌わないといけないです。だいたいの場合、バーは人でいっぱいで、恥ずかしがり屋はとても歌えないです。それに歌う人がいっぱいいますので、せいぜい2曲ぐらいしか歌えないと思います(2、3時間で)。

僕は日本のケリオキの方が好きですね。

カテゴリー:Uncategorized
  1. E
    12月 21, 2004 5:41 am

    アタクシの知り合い(日本人)のだんなさん(アメリカ人)は日系企業で働いています。だんなさんはたまに日本に出張に行くのですが、妙なことばかり覚えて来るそうです。カラオケ(カラオキって言ってますね)で歌うときは、頭にネクタイを巻くのが日本流だとインプットしたそうで、アメリカに戻って来てから、はりきってネクタイを巻いて歌いに行きました。奥さんは恥ずかしいので店の前までだんなさんを送って、彼女は中に入らなかったそうです。ネクタイ巻くのって…ただの酔っ払いオヤジだもんなあ…。

  2. E
    12月 21, 2004 5:44 am

    あ、ご存知かも知れませんが、カラオケって空(empty)のオーケストラの略だって聞きましたよ。

  3. Unknown
    12月 21, 2004 3:51 pm

    日本も以前は、カラオケの機械がお店に1台しかなくて、知らない人の前で歌ってましたよ。でもそういうお店は90年以降どんどん減って少なくなってしまいました。

  4. 39
    12月 22, 2004 1:29 am

    そう、かんぺいさんの言うとおりカラオケ・ボックスは個室で、他にカラオケ・スナックやBARなどは今でもあります。ホステスさんがいてママさんがいるお店(難しいですか?)では、必ずと言っていいほどありますね。昔は、自分のリクエストした歌だと思って前に出ると他人が同じ歌を入れていたなんてことも結構ありました。こういう話をすると、日本では年齢が分かってしまいますね。

  5. けんじる
    12月 22, 2004 2:36 am

    minami姉さんの読んでも~♪ボクはわかんなーい!!いや、本当にね(笑)

  6. David
    12月 22, 2004 3:48 am

    あれ?頭にネクタイ巻かないですか?巻いたな~ (^_^)は~い。ちゃんと分かりましたよ。空オケですね。そうなんですか。僕はホステスクラブ。。。ではなく、カラオケ・スナックだったけ?行ったことことないです。アメリカのカラオケ・バーはホステスさんやママさんやパパさん(笑)がいません。ただ歌うだけですね。僕はカラオケボックスでいいです。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。