ホーム > Uncategorized > 漢字は同じだけど。。。

漢字は同じだけど。。。

次の言葉、どうやって読みますか?

「大人気」

「十分」

「一日」

「上手」

「山道」

「一方」

「一人」

この言葉には1つの読み方だけじゃないですので、そう簡単に答えられないはずです。

「大人気」 ⇒ だいにんき、おとなげ

「十分」  ⇒ じゅうぶん、じっぷん

「一日」  ⇒ いちにち、ついたち

「上手」  ⇒ じょうず、じょうしゅ、じょうて、かみて、うわて、うま(い)

「山道」  ⇒ やまみち、さんどう

「一方」  ⇒ いっぽう、ひとかた(ならず)

「一人」  ⇒ ひとり、いちにん

他にもいっぱいありますね。

皆さん、読み間違えたことがないですか?

これを除いても、日本語を習うのは十分(じゅうぶん)難しいですので、どうしてわざわざ二つ(か二つ以上)の読み方を持っている言葉が作られましたか?音読みと訓読みの問題でしょうか。

どっちにしても、こういう言葉を見ると頭が混乱します。

カテゴリー:Uncategorized
  1. ホ_プ
    4月 27, 2005 6:51 pm

    たしかに難しいですよね。正確にはわからないんだけど、上手>じょうしゅ、じょうて一人>いちにんとは、言わない・使わないと思います。山道は、意味は少し違うけどほとんどの人が使い分けてないので、どちらでも好きなほうでいいとおもうよ?

  2. アタシ
    4月 27, 2005 9:36 pm

    はじめまして。ちょこちょこ見に来てました。興味深く見てます。一人>一人前、なら、いちにん(まえ)って使いますよねぇ。「市場」⇒しじょう、いちばとかも、かな?質問の答えは…ちょっと判らないですけど、どうして…作られましたか?って、なんだかちょっと変な言い回しになってる気がするのは気のせいでしょうか??例)どうして…作られたのでしょうか?かな??失礼致しました。。。

  3. ホ_プ
    4月 28, 2005 12:12 am

    >iron☆さんあっ!確かに。。。ご指摘ありがとうございました!ホントに難しい(笑)

  4. Unknown
    4月 28, 2005 12:30 am

    こんばんわ、2度目の書き込みです。いつも視点がユニークで、楽しませてもらっております。「渡部さん」→ワタベさんorワタナベさん「幸子さん」→サチコさんorユキコさん・・・など、人名の呼び違いもややこしいです。姓名総画数で占うものだと、「ワタナベユキコ」さんも「ワタベサチコ」さんも同じって、ちょっと面白いと今思いました。「今日」キョウ・コンニチなんかも、前後の文面と見比べてもどちらが適した読みか、とっさに分からないときがあります。

  5. 潤之介
    4月 28, 2005 12:54 am

     ここに挙げているものは文脈を見ます。「大人気ない」と書いて「だいにんきない」とは読みません「十分」という字が混乱をきたすときは「充分」と書きます。「十分あれば充分」みたいな。「上手」をかみて」と読むのはお芝居のときぐらいかな。一人をいちにんと読む場合は前後に何かくっつきます。ジュウいちにんみたいに。「一日」をいちにちと読んだ場合、これはDayを意味します。1st、2ndという「日付」を意味するときは一日、二日と読みます。これは日付でしか用いません。(ひとつ、ふたつの日付版です) だいにんき、おとなげ、意味が大きく変わってしまいます。しかし、「市場」(いちば、しじょう)はどちらも<マーケット、つまり物の取引が行われる場所>を意味します。ついでに書いておくと、地名の「四日市」「五日市」「廿日市」などは、それぞれ四日、五日、廿日(二十日)に市(いち)がたったことに由来すると言われています。

  6. Natty
    4月 28, 2005 11:59 am

    うわ~数字苦手だから。。。読めないっす :-(はは!一足す一=二。。。

  7. Unknown
    4月 28, 2005 12:42 pm

    >音読みと訓読みの問題でしょうか。確かにそういうものが多いですね。そのことと関係しますが、複数の読み方は同時に発生したわけでなく、その言葉のできた時代が違う、ということなのでしょう。たとえば「大人げ(おとなげ)」という言葉は日本に昔からあったけれど、「大+人気(にんき)」→「大人気(だいにんき)」は比較的新しく作られた言葉だと思われます。「大人気」は「おとなげ」という読み方がもうあるのだから、「だいにんき」という言葉を作るのはやめておこうよ、とは ならなかったわけですね。意味がまったく違えば、前後の内容からどちらで読めばいいかすぐに判断できるので、混乱することはありません。でも「山道」などはちょっと微妙で、日本人でも読み分けるのが難しいです。そう言われると、確かに日本語は難しいですね。日本語が外国語でなくて本当によかったです。。。どうやって読みますか?→どう読みますか?日本語を習うのは十分難しいですので→日本語を習うのは十分難しいのに言葉が作られましたか?→言葉が作られたのでしょう。とするといいですよ。

  8. David
    4月 28, 2005 4:19 pm

    ホ_プさん:http://dict.regex.info/cgi-bin/j-e/jis/dosearch?sDict=on&H=PE&L=J&T=%1B%24B%3Ee%3Cj%1B%28B&WC=noneこの辞書はダメでしょうか?「やまみち」と「さんどう」はどう違いますか?iron☆さん:はじめまして!指摘ありがとうございます。頑張って同じミスしないようにしますが、保障はできません。(笑)yoshiさん:僕には人の名前を読む特技(才能?)はありません。それは一生日本語勉強しても変わらないと思います。(涙)学生さん:詳しいですね!当たり前なことですか。。。日本人にはこういう問題はないと思いますが、文脈でどういう読み方をすればいいかが分かっても、その文脈の言葉を読む前に、間違えた読み方をしてしまうことは日本語の学生が良くやります。僕はよくこんなことを日本語の先生に言いました「だい。。。いや、ちがう。。。おとな。。。あ、すみません。。。だいにんきです」Himikoさん:「いちあしす?  ああ、わかった。 いちたすいち」リンクありがとうございます ;)naimakさん:「大人気」にはあんなに歴史があったことは知りませんでした。僕も最近日本人に生まれ他方が楽だったと考え始めました。(笑)日本語の勉強は辛い(からい)ですよ。 (笑)

  9. ホ_プ
    4月 28, 2005 7:36 pm

    早速、大辞林で調べてみました。ごめんね!上手について知らない単語がありました。上手>「じょうしゅ」は、見つからなかったけど、「じょうて」は、ありました。    知らない単語だったんだけど、意味は、    『出来や品質などがよいもの。特に、工芸品などで、一品制作の精密な作品をいう』    だそうです。    その作品のことを、上手物(じょうてもの)と言うそうです。    反対語は、下手物(げてもの)。これはよく聞きます。やまみち>①山の中の道②山形を連ねた形。さんどう>山の中の小さな道。やまみち。やまみちに、二つの意味があるみたいだね。山の中の道のことを言いたいときは、どちらでも良いって事のようです。

  10. 潤之介
    4月 29, 2005 6:46 am

     ローマは一日にして成らず、千里の道も一歩から、継続は力なりということです。

  11. bun
    4月 29, 2005 8:28 am

    最近とくにここ数回とても優秀な方がコメントをされるようになってきて読むと私の言いたいことが全部書いてあるので何も書くことがなくなっています(笑)。私も勉強になることも多いです。

  12. leo
    5月 13, 2005 8:01 pm

    よく勉強しますね…

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。