「前」には色々な意味がありますね。

「ビルの前」とか「目の前」とか言いますね。英語で言うと「in front of」と言う表現がこの意味を表せます。

しかし、「前」のもう1つの意味はちょっとおかしくありませんか?

「3週間前」の「前」はどう考えても「in front of」と言う意味ではないですね。この「前」は英語で言うと「back」となります。3 weeks backとか言いますね。

つまり、「前」と言う言葉は「front」と言う意味も持つし、「back」と言う意味も持ちます。

過去の事をなぜ「前」と言うのかは分かりませんね。

カテゴリー:Uncategorized
  1. Unknown
    5月 24, 2005 3:55 pm

    このように考えてみました。もし人生を未来の方向へ伸びていく一本の線のように想像したら、過去は後ろに、未来は前にある、といえるでしょう。でも、もし人生を一冊の本やノートのようなものとして想像したら??過去は前に、未来は後ろにある、ともいえるのではないでしょうか。。。「前」は英語では「in front of」「 before 」「ago」などいろいろありますね。英語の苦手な私にとっては、こういうことが混乱のもとになります。

  2. bun
    5月 24, 2005 6:47 pm

    Hi David!That\’s a great point of view as usual, I think. I am now at a loss how to answer your question, but the incoherence between time and space you mentioned, I think, shows the long years of the absence of imaging or planning the future of the Japanese people. As far as I know, the word 「未来」, a translation of the word "future" is relatively a brand new word made in the 19 century, I think. There has been long time no idea about the future in Japan.best regards,bun

  3. 潤之介
    5月 24, 2005 7:01 pm

     「相談を受ける」というのは、相談されることです。例えばデイビッドが僕に「不動産屋が家貸せねえって言ってるんだけど」といったとします。このとき、デイビッドは相談を「する」方で僕が「受ける」方です。キャッチボールを考えたらよくわかる。デイビッドはボールを投げるほう、僕はボールを受ける方です。 ~前、これは「前」(ここでも出たね)に言ったとおり、ある時点を基準とした時間の位置です。「三日前」と言えば、それは「今日」を基準として過去に三日遡っているわけです。「基準」より先にあるものは前になります。「三日前」の出来事は、「今日」の出来事よりも先に起こっています。よって「前」です。位置の前後(In front of)も理屈は一緒です。自分の立ち位置を基準にして、先にあるかそうでないかで前か後ろかという事になります

  4. 5月 24, 2005 11:05 pm

    これ、高校の国語で話したことがあります。人生を線として、自分は線の上にいるとします。基本的に未来に向かって立っているわけですが、過去の話をするとには過去に向かって立つと考えます。そうすると過去は自分の前にあることになります。こんな考え方でどうでしょう!?

  5. Mari
    5月 25, 2005 12:23 am

    広辞苑で調べてみると、①物の正面にあたるところ。= in front of「前を見る」②ある時点より早いこと。「前に聞いた話」=last time?「30分ほど前」=before, ago③それ相当のもの。また、そのものとしての面目。「男前」「五人前の料理」和英で調べると、before, forward,forth,front,preceding,former,previous,ago,once,since,いろんな英語が出てきました。おもしろいですね♪

  6. 牧歌
    5月 25, 2005 6:22 am

    「前」には「昔」という意味があるのです。ただそれだけのことです。どの言語でも個々のコトバには、そのコトバの核がありますが、それは意味、使い方などによってひとつの塊になるんです。例えば、Common senseというコトバが「常識」という日本語だけでは表しきれない英語としてのひとつの塊を持っているのと同じことです。

  7. ゆみ
    5月 25, 2005 2:54 pm

    naimakさんと chocoholicさんの線の話を考えていて頭に浮かんだのですが、「三週間前」は、線の上の「今」に立ったまま 後ろを振り返って「三週間前」を見てる自分。「3 weeks back」は、線の上で前(未来)を向いたまま 後ろに三週間ぶん さがる自分。やそんなイメージが浮かんだってだけです…逆に質問なんですが 3 weeks back と 3 weeks ago とは 違うのですか?

  8. David
    5月 25, 2005 4:01 pm

    naimakさん:ほんの例はなかなか良かったです。立場によって言葉が変わりますね。bunさん;What about 将来?Is that a new word as well?学生さん:英語にはadviseと言う動詞があります。その動詞の意味は困っている人に役に立つような話をすることです。adviceと言う名詞はその「役に立つ話」。adviceを受けるのは困っている人。相談を受けるのは困っている人の話を聞いた人advice=相談だと思い込んでいたんですが、やはり違いますね。色々説明して、ありがとうございます。勉強になりました。chocoholicさん:確かに、日本語の授業ではこのような説明があったような気がします。すっかり忘れました。mamariri11さん:「前」には色々な意味がありますね。英語にも変なところいっぱいありますけど。。。牧歌歩虫さん:あれ?Common Senseと常識はどう違いますか?Yummyさん:僕の考えだけですが、「三週間前」の「前」は過去に向かって、前になったと思いません。それより、自分の立場をなくして、時間を全体的にイメージして、「前に起こった」の「前」じゃないかと考えています。naimakさんの本の例みたいに。。。

  9. bun
    5月 26, 2005 1:44 am

    Hi David!Yes it is. The archaic Japanese language didn\’t have both 「未来」 and 「将来」. It didin\’t have the future tense, though it could express guess or surmise instead.We made many words to translate foreign languages around the Meiji Restoration.and the two words are good examples of them.Best regards,bun

  10. bun
    5月 26, 2005 1:46 am

    eighter 「未来」 or 「将来」*Sorry for my mistakes.

  11. Unknown
    5月 26, 2005 2:56 am

    「通り過ぎる行列の中程を見ている」と考えてみてはどうでしょうか?行列の先頭に近いほう(マエ)はすでに「過去」であり、末尾に近いほう(アト)は今のところ「未来」である、というふうにあてはまる気がします。「本やノートのようなもの」というのに似ているかもしれません。

  12. Unknown
    5月 26, 2005 3:27 am

    そういえば、「先(サキ)」についても似たことが言えるような気がします。「先のことを考えない」「お先まっくら」=進行方向。将来。「先に済ませておく」「先に帰ってしまった人」=順序において前。ある時点から見て過去。「先ほど(=さっき)見かけた猫の仕業かもしれない」「先の帝」=順序において直前、つい最近。

  13. David
    5月 26, 2005 1:08 pm

    碁盤鮫さん:「先」は「前」よりはっきりおかしいのが分かりますね。「先のこと」と「先ほど」について考えると頭が痛くなります:) 

  14. ゆみ
    5月 27, 2005 10:55 am

    だって 過去は振り返るものでしょう <過去に向かって前

  15. David
    5月 27, 2005 2:32 pm

    Yummyさん:確かに振り向いて、過去に向かうことはできますが、そしてら、「三週間後」は?わざわざ過去に向かって、これから来る時は後ろにする理由は分かりません。「三週間後」は過去に向かってなかったら、目の前にありますから「三週間前」と呼べるでしょう。自分を混乱させてしまいました :(

  16. Unknown
    5月 28, 2005 3:26 am

    すでにみなさんのコメントにちらっと出ていますけど、英語でも「before」「after」が「前(以前)」「後(以後)」ですね。ちょっと気づきませんでした。

  17. ゆみ
    5月 28, 2005 4:41 pm

    新しい日記も更新されているというのに、昨日からこのことを ずーっと考えてました。いまさらですが、すいません;「ラインの上に立っている」説(?)では、前=進行方向=未来後=過去「えー!どーして?逆になっちゃう!三日前 は 前=未来?? 過去は後ろだから 三日後? えっ?」と悩んでいたのですが、碁盤鮫さんの「本やノートを」説をあてはめてみたらば しっくりきました!本を読んでいる自分は動かないで、今読んでいるページ=現在今のページより「前」=過去これから読むページ「後」=未来て感じで、自分の中で納得いったんですが…どうでしょう?

  18. 牧歌
    5月 29, 2005 9:50 pm

    He has a lot of common sense.は日本語でどう訳しますか?これは「常識」の意味になりませんよ。

  19. Unknown
    6月 4, 2005 1:01 am

    はじめまして。なぜかをよく考えてみました。時間がかかりましたが、こういうことかと思いました。時間を道のようなものと考えて、そこを人が歩けば、過去は「後」になります。しかし、時間が、未来からやってくる何か(たとえば、人の形をしたもの)ならば、より遠い未来は、近い未来の「後」で待っています。たぶん、時間の流れを、未来を中心に考えると、「後」は未来になり、過去を中心に考えると、「後」は過去になるのだと思います。後で会いましょう。 See you later. と言うと、その人は、先に会う人の後で待っているように思えませんか?

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。