適当

この言葉は面白いですね。なぜかと言うと、意味は2つあるからです。それで、その2つの意味はお互いの反対です。つまり、「適当」は「適当じゃない」という意味です。
 
混乱している読者はいると思いますので、もうちょっと説明します。
 
まず、オンライン辞書の定義を見ましょう。
適当【てきとう】
(adj-na) (1) suitable; adequate; relevant; fit; (2) random; halfhearted; on the spot; (P)
 
(1)を見れば、適当はとてもいいことに見えます。「ふさわしい」「充分」などの意味があります。
しかし、「お前、なんにやってんだ。適当にやってんじゃない」と聞くと、あまりいいことに聞こえませんね。
 
つまり「適当(half-hearted)」は「適当(suitable)じゃない」という意味ですね。
 

適当にここをクリックしてください。その代わりに、適当にクリックしてもいいです。

人気blogランキング


カテゴリー:Uncategorized
  1. 潤之介
    1月 11, 2006 1:15 pm

     「いい加減」もそうです。「いい」加減なのだから本来は肯定的な意味合いを持つのですが、中途半端で宜しくないという意味ですからね。中途半端で宜しくないという意味のときは「ええかげん」と言ったりもします。これには「加減」の意味は無く、「ええかげん」で一つの単語です。

  2. David
    1月 12, 2006 6:11 pm

    そういえばそうですね。昔は「いい加減」は不思議に思ったんですが、つい忘れてしまいました。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中